このブログは、一つ目標があります。
それは、、、

「100記事を投稿すること」

です

100という数字

テストでも100点満点を狙う。
コンサルタントがよく言うことは「100」を目指す。
野球の練習でも100本ノック。
いろんな場面で「100」という数字が使われています。

100という数字が多用されるのは、いくつか理由があります。

理由1:目指しやすい

逆に言うと、「挫折しにくい」とも言えます。
たしかに、目指すのに苦労は伴います。
だけど、100だったら苦労はするけど手に届きそうな数字と思えるわけです。

理由2:経験値をためやすい

理由1の続きとも言えますね。
100を目指すと言うことは、同じことを100回やるということです。

例えばこのブログ。
書いている内容はバラバラでも、「記事を書く」という行為は100回繰り返さないといけません。
不思議なもので、記事を100個書いて、100回投稿すると言う行為は、単調に見えて繰り返さないと気づかないことがあります。
最初は必死に投稿するだけでしょうけど、だんだんと回数を重ねてくると、記事の文章を書きやすくなったり、記事を書き終わって投稿するまでの時間がかなり短くなったりと、最初のころに比べていろんなところが変わってきます。

そういう経験値をためて変化を感じやすいということもあります。

理由3:達成感を感じられる

理由1にも関連していますけど、100というのをクリアするためには、それなりに試行錯誤が伴いますし、苦労も伴います。
ということは、簡単にクリアできないわけです。

簡単にクリアできないということは、クリアした時の達成感もひとしおですよね。
もちろん、1000だったら達成感も半端ないものになるでしょう。
だけど、いきなり1000はハードルが高すぎる。
そう言う意味でも、クリアしやすくてそこそこ苦労する。かつ、クリアした時の達成感を味わえる。

100はそう言う数字でもあるわけです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
100のハードルを高いと見るか低いと見るかはあなた次第になりますが、チャレンジしやすい数字だと思います。
あなたも、なにかチャレンジしたいなと思っていることがあったら、ひとつの目安として100をまずは目標にしてやってみてくださいね。