なにを失敗したのかというと、

「ブログの放置」

です。

 

今までも、ダイレクトレスポンス・マーケティングを学び、多少なりとも実践してきました。
その中で、自分のスタイルに一番あっている(というか、これしかできると思えるものがなかった)のが、
「インターネットを使ったマーケティング」なのです。

もうあなたはご存知かもしれません。
インターネットを使ったマーケティングで一番必要なのは、何でしょうか?

・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・

それはなにかというと、「継続力」です。

どんなことでも継続するというのは必要なんですけどね。
特にインターネットを使ったマーケティングの場合には重要になってきます。

なぜ、継続力が重要か?

インターネットを使ったマーケティングの場合は、あなたが直接クライアントのところへ行ったり、テレアポしたりするときと違って、検索エンジンなどで検索されたときに上位表示させるといったような、いくつかのステップをふむことになります。

ところが、「上位表示をさせる」とヒトコトでいっても、これがなかなか容易ではありません。
地道に地道に、GOOGLEにサイトやブログのアピールをしていかないといけません。

よく、「お客さんが見てくれればGOOGLEなんて必要ない」と思われる人もいると思います。
だけど、GOOGLEに認めてもらうのは重要で、それにはまず、あなたのサイトが特定のキーワードに対して優れた情報を持っていると思ってもらわないといけません。
ということは、、、、あなたのサイト・記事にそれなりの情報を入れるのは必要なのですが、記事を一つ書いた「一発屋」のサイトではあまり意味がありません。やっぱり、GOOGLEに認めてもらうためには、記事の内容と更新の頻度が大切なのです。だから、継続力が必要なのです。1記事よりは10記事。10記事よりは100記事。100記事よりは1000記事といった具合ですね。

。。。。。。と、わかっておきながら、ついサボってしまうんですよね!!!!

私も、「できるだけ少ない記事数で上位表示をさせよう」と思うことは多々あります。
でも、あなたがもし私と同じことを思ったら、、、とくにあなたがこのサイトを見ているのだったらなおさら。。。。
そういう考え方は、失敗を招きます!!!

私も過去に、松尾さん率いる株式会社ウェブライダーさんの講座やLPに興味を持ったことがあります。
(いまも興味を持っています)
ウェブライダーさんでは、4記事くらいで上位表示させることができるそうです。
それには、きっとキーワードの選定だったり、そのキーワードで検索する人のニーズをしっかり見定めて、そのニーズに答えられるような記事を作っておられるのだと思います。
ときどき、私も忘れてしまうのですが、ウェブライダーさんはプロ中のプロです!
私も含めて、インターネットを使ったマーケティングでこれから一花咲かせようというレベルの集団ではありません。
超ハイレベルの集団です。

ということは、、、、何が言いたいかというと。
まずはウェブライダーさんのレベルに少しでも近づくようにしないといけないだろうなということです。
そのためには、記事を大量に書いて、記事を書くことや世に投稿すること、キーワードをしっかりすることなどを、実践しながら身につけていく必要があるでしょう。
そこには失敗もつきものでしょうから、失敗するごとに落ち込んだりしていてはダメです。
「記事作成がめんどくさい」「記事の投稿頻度をあげられない」と言っている場合ではなくて、へたっぴな記事でもどんどん書いて、上手くなっていくことが必要だということです。

今回の記事は自戒もこめて。。。。