不思議なもので、大人になると失敗するのが怖くなる。
子供の頃は失敗といってもそんなに気にしなかった。
だけど、年を重ねるごとに「失敗してはいけない」という意識が芽生え始める。

好きなことなら失敗しても大したショックはない。
なぜかというと、失敗してもすぐに回復させることができるから。
だけど、好きでもないことで失敗すると、リカバリーを効かせるどころか、その失敗が致命傷になることもある。
理由は簡単で、ただ単にリカバリーできるだけの力を持っていないから。

失敗というのはあなたの人格を否定するかのような力を持っている。
「ほら、失敗した。言わんこっちゃない」
あなたも新しいことや無茶をやった上に失敗したとき、そんなことを言われたりしなかったか?

失敗はツライ。
失敗はしたくない。
失敗するならやらない。

そういう意識があるうちはいい。
問題なのは、その意識だけが妙に大きくなりすぎて、結局やめてしまう。
だから、こういう中途半端なことでやめるのは正直もったいないと思う。

失敗を防ぐためには失敗するしかない。
痛い思いをしないと、同じことを何度も繰り返す。。

さて、あなたは失敗したいか、しなくないか。
どちらですか?